アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

いじめと漫画

      2017/10/12

いじめと漫画

ごぶさたです。

最近は映画三昧の日々を送っています。

ドキュメンタリーにはまってます。

漫画や小説好きなんですが
やはりエッセイ系が一番好きです。

事実は小説より奇なり。

そう、まさにそんな感じです。

漫画や小説で大切なのは、非日常を感じさせてくれる何かではないかと思うようになりました。
つまり、漫画ならではの展開とか、ファンタジー要素といったものの事です。

 

リアルを好む人はノンフィクション系やエッセイ系を読むので
そうでないジャンルであれば、ある程度非日常を感じさせてくれる題材のほうが良いのかなと思います。

いろいろ映画を見たのですが

マイケルムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】 ボウリング・フォー・コロンバイン [Blu-ray]
価格:3847円(税込、送料別) (2017/9/2時点)

 

この話はアメリカのコロンバイン高校の銃乱射事件(イジメられていた2人の高校生が無差別に高校の人間を銃で殺傷した。犯人の2人も最後に自殺。)をモチーフにしながら
アメリカの銃社会が出来上がるまでの歴史なんかも紹介されていて
なかなか面白い映画だった。

マイケルムーア監督の作品は初めて見たけど、インタビューの仕方があまりにもしつこくて、嫌がられるような質問もどんどんするところが、監督魂を感じたし、そこがこの作品の見所でもあると思う。

この作品の中で、カナダもアメリカも同じ銃社会なのに
年間の銃事件での死者数が圧倒的にアメリカが多いのはなぜか、というテーマが出てくる。
その理由としては、アメリカではメディアが不安を煽り、事件を必要以上に報道し、社会全体が疑心暗鬼になっているからだ、という一つの解がある。

これは日本も同じように思う。
現に私なんかも必要以上に心配性であるし、メディアに毒されている人間の一人かもしれない。

「コロンバイン高校銃乱射事件」では、いじめを受けていた少年2人が犯人なわけだが、いじめをする人は報復されても仕方がないと私は考えている。

だけど無差別殺傷はよくないと思う。
ピンポイントにイジメてくる奴にだけ銃を向ければよかったのにと思う。

無差別に人を殺すと、犯人はただのきちがいだったという事になるし
同情の余地がなくなってしまう。

 

イジメ問題というのは、すっかり社会問題化してしまった。

昔はここまで言われていなかったように思うが、最近の漫画を読んでいるといじめの描写がだいたい出てくる。
イジメの描写を入れる事で作品のリアリティが上がる。

社会問題をテーマにした少女漫画のはしりといえば、ももち麗子。
ん〜読んだし、流行ってたよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なみだ1巻【電子書籍】[ ももち麗子 ]
価格:432円 (2017/9/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

であい2巻【電子書籍】[ ももち麗子 ]
価格:432円 (2017/9/2時点)

 

 

社会問題と少女漫画という組み合わせが新しく、好評だったようで
続々とシリーズものが出された。

当時問題視されていた、援助交際ブーム出会い系ブーム
という今までタブーだった題材が少女漫画に入ってきたのだった。

その後は、すえのぶけいこのライフもドラマ化されたし
より年齢層の低い雑誌であるちゃおでもいじめが題材の漫画が連載されたりした。
今ではすっかり一つのジャンルとして確立されたのかもしれない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すえのぶ けいこ ライフ 新装版 第1巻【中古】afb
価格:423円(税込、送料別) (2017/9/2時点)

 

 

 

女の子の悩みといえば、まず第一に恋愛
と思われがちだが、小・中学生では恋愛よりも友達関係に悩む人のほうが多いと思う。

小学生からいじめとかなんとかそういったテーマの本を読むというのは
何か悲しい気持ちにもなるが
それを読む事で救われる人もいるに違いない。

事実私も今までずっと人間関係が得意でないから
悩む気持ちはすごくわかるし、いじめの漫画のキャラに共感して泣いたり笑ったりそういうのは良いと思う。

ただ、いじめや暴力がテーマの作品が世に増えるというのは
世相を反映しているのだなぁと思うので
社会全体が暗くなってきているのかなと思ったりもする。

その反面、今まで隠されていたものが炙り出されただけかもしれないとも思う。

いじめは人間の本能としてあるもので
決してなくならない、という説もある。

現に、大人になってもいじめはあるし、いじめに打ち勝つ強い精神を持つ事が大事なのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, おすすめ映画, 人間心理, 人間関係, 日常, 漫画