アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

最後に生き残るのは●●な人

      2017/07/04

最後に生き残るのは●●な人

 

ここ最近は、

頑張ってブログ毎日更新!

を目標に頑張っていたんですけども

先日ハンターハンター34巻が発売されたせいで
すっかりブログの更新が滞ってしまった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HUNTER×HUNTERハンターハンター 34巻
価格:432円(税込、送料別) (2017/7/2時点)

 

 

 

クロロVSヒソカ最高うううううううううううううううう

 

やっぱり冨樫はいいねと。

あぁ・・・生きててよかったな

そう感じさせてくれたハンターハンター34巻でした。

 

ハンター熱が一瞬にして再熱して

ヨークシン編からグリードアイランド編まで
DVD一気見してしまって寝不足になったw

 

私はクラピ推しの元腐女子なので( ´,_ゝ`)

ハンターハンターの同人誌とかいっぱい持ってたんですよw

でも、今やネットで検索すると読めるんですね。

 

ほんと、すごい時代になったもんだと思いますw

 

私の好きな作家さんで

野火ノビタさんっていう方がいるんですが
(榎本ナリコ名義でプロ活動もしてます)

その人の同人誌とか持ってたわあ。

 

 

あとは、バナナサカナっていうサークル名の
夏祭さかなさんっていう作家さんが好きで好きでw

インテックス大阪で、小銭握りしめて
長蛇の列に並んだの覚えてるw

いやもう、ほんとに好きで。

憧れてました。夏祭さかなさんに。
今でも売らずに本取ってありますから。

 

その当時にしては高価な同人誌を、金も惜しまず買ってましたね・・・。

あの頃は楽しかったなと思うw
BLの事しか考えてなかったから。毎日。
毎日BLの事しか考えてなかったから、まじで。

愛だの恋だのしゃらくせえッ!!

 

同人誌って、書き手は結構時間もお金もかけて
苦労して書いてると思うんだけど
それをネットに無断転載されるってのも可哀想な話である。

基本的には無断転載禁止のはずなのに・・・!

 

まぁ・・・

同人誌ってもの自体が
人の作品のキャラを借りて創作して
それを売ったりしてるから、そもそも著作権ではかなり黒に近いグレーなんだけどね。(ストーリーは作っているのでストーリーの著作権は同人作家にある。)

最近の、漫画や音楽の無料ダウンロード問題
考えれば考えるほど気が重くなってくるよね。

作った人にお金が入らないっていうのは
未来のクリエイターが育たなくなる危険性があるからね。

 

今は無料で作品を公開して
広告収入で稼ぐスタイルが主流になりつつあるね。(youtuberしかり)

それで自分の作品で収入を得ているならまだしも
漫画や音楽のダウンロードサイトでもこの手法が取られているから
ほんと嫌。

音楽や漫画を作り出す人が
どれほど苦労してその作品を作っているか・・・。

 

今は音楽業界ってほんとにCDが売れないらしく
LIVEで稼ぐとかいう話をどっかで聞いた。

CD売るために握手券つけたり、っていう時代やからな。

結局のところ「実体験」に価値の比重が偏ってきているんだよね。

 

漫画みたいな、実体験ができないジャンルのクリエイターは不利やね。
あと雑誌とか。
基本的に紙媒体は不利。

紙の雑誌がWEBマガジンに置き換わってきているものな。

 

まぁ、それが普通なのかな。

インターネットという信じられない「魔法」が出現した時から
こうなる事は見えていたのかもな。

 

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である

チャールズ・ダーウィン (イギリスの自然科学者)

http://meigen.shiawasehp.net/t/c-darwin01.html

 

ダーウィンも言ってるからガチだわ(;´Д`)

変化を恐れるな、と。

 

これ、何にでも当てはまるわな。

一つの視点にこだわりすぎると
破滅するわな。

 

仕事も、給料という事にのみ価値を感じていたら
給料低かった時に辞めたくなるし。
人間関係とか、通勤時間とか、福利厚生
いろんな箇所に価値を感じてたら辞めるところまで行かなかったりするもんな。

 

結局のところ、柔軟なもので無いと生き残れないと。

私はどっちかというと頑固なタイプなので
意識して柔軟性を取り入れていきたいものである。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, 愚痴, 日常