アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

そして彼らはカモにされ続ける

      2017/06/15

そして彼らはカモにされ続ける

 

テレフォン人生相談
めっちゃ好きなんやけど
すごいの見つけてしまった・・・。

中国人の女性(35)と紹介所を通して結婚した男性(45)。
妻は中国から来日して、まだ3ヶ月くらいだが
来て1ヶ月くらいの時に、160万円の借金があると告げられた。
そのお金を払ってくれないなら、離婚して中国に帰ると言われた。
今までも妻には月に4万円のお小遣いや、携帯電話、高価なバッグを買ったりしており
もしやこの結婚はお金目当ての愛情の無いものだったのだろうか、と思い始めている・・・。
だが、妻に未練もあるし・・・。
160万円払って結婚生活を維持するか悩んでいる。

 

ひえええええええええええええええええええええ
分かりやすい偽装結婚やああああああああああああああああ

ここまであからさまに
金目当ての結婚されといて
未だに妻を切れない男ってなんなんだろうか。

 

哀れでしか無いし
愚かすぎる。
そして不憫だ。

 

生きる上で非常に重要な視点が
「客観性」だと私は思う。

この男は、妻の本当の心が見えていない。
そして見ようともしていないように感じる。

簡単に騙されてしまう人というのは
客観的な視点が抜け落ちているのだ。

 

びっくりするくらい私たちは
自分の見たくないものを見ないようにできている。

どうしても「自分の都合のいいように」
考えてしまう癖は誰にだってあるだろう。

たとえば、楽しくデートした相手から
LINEの返事がこないとする。

すると、都合のいい頭はこういう風に考える。

きっと、スマホが壊れたんだろう。
だって、あんなに楽しいデートをした相手から返事が来ないわけないのだから。

 

客観的に見れば
LINEの返事が来ないというのは脈なしのサインなのに
本人だけがそれに気づかなかったりする。

また、「楽しかったデート」という事すらも
実は自分だけが楽しくて、相手は楽しくなかった
という可能性もあるのに本人は気づかない。

 

都合のいい考え方は、時に私たちをとても幸せな気持ちにさせる。
だが、それに甘んじていては
いつになっても現実を見る事ができない。
いわば空想の世界で生きていると同じなのだ。

 

そのような
現実を見れない人間はずる賢い人間に
あっという間にカモにされる。
そしてカモにされた事すら気づかない。
いや、気づいていないふりをする。

こんなに恐ろしいことってある?

よくあるセリフ
「現実を見ろ!」
というのは、すなわち
「客観性を持て」
というのと同義だ。

客観性の欠如は様々な悲劇を生み出す。

 

以前記事にもした
アイドルへの狂信的な執着も客観性の欠如からきている。
アイドルにのめり込む人の心の空洞

 

このような「現実を見ない」性質は
ある程度は誰にでも備わっている機能だとは思うが
今回の相談者の男性のような
極端に現実が見えないタイプの男性は
とにかくすごく寂しいのでは無いだろうかと思った。

寂しさは人に正常な判断を下せなくさせる。

 

このような心に隙間のある人に
つけ込む女が一番悪いのだが
悪いと言ってみたところで、このような悪人は減りはしないのだし
騙されないようにしていくしかないだろう。

中国人女性の登録している紹介サイトで知り合った10も年下の妻が
金目当て、日本国籍目当てで無いはずがないではないか。

男性の側も、日本人の男だというアドバンテージを武器にして
日本人の女性でなく、中国人女性と結婚するあたりに、自信のなさが垣間見える。
自分と結婚してくれる若い女性なら、誰でも良かったのかなと思う。

今回の相談内容も、起こるべくして起こった、という感じがする。

悪質な結婚仲介業者にご用心!
一部に横行する詐欺まがいの国際結婚は、
大半が中国、タイなどの女性を「花嫁」として日本人男性に紹介します。
悪質な仲介業者は、法外な仲介料その他の経費を
日本人男性側に負担させるだけでなく、
女性のプロフィール情報にも虚偽や詐称があったりと、
あらゆる面で信用がおけません。
しかも、結婚後に女性が消えようが何の保証もしません(するわけがありません)し、
業者自体が雲隠れすることも日常茶飯事です。
さらに、トラブルになると中国語と日本語の言葉の壁がハンディになり、
交渉をいっそう難しくします。

出典:http://www.answerisnear.co.jp/cpu/column/theme01/column13.php

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - 事件・犯罪, 人生相談, 人間心理, 人間関係