アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

「きもちわるい」と言わないで

      2017/06/19

「きもちわるい」と言わないで

 

私は言葉遣いの悪い人が苦手だ。

なぜだか良く分からないが非常に不快になるのである。

「気分悪いわ〜」(体調ではなく)
などと独り言を言っている人でも嫌になってしまう。

 

その人は単純に、むしゃくしゃして言ったのかもしれないが
聞いてるこっちが気分悪いわ!!!!!(逆ギレ)
という感じになってしまうw

 

不思議な話だが
人間の心理として以下のような事がある。

例えば私はAさんと二人で話しているとする。
Aさんは「Bさんみたいな性格が悪くてブスな女は不幸になれば良いわ」
その場にいないBさんの強烈な悪口を言った。

私は家に帰りその事を思い出す。
すると、不思議な事だが
Bさんではなく、悪口を言っていたAさん自身のイメージが悪くなる。
Aさんのまわりに黒いもやがかかったようなイメージになってしまうのである。

 

昔読んだ本で
潜在意識は
「誰に対して言っていたかを判別する事ができない」
「言葉だけを拾う」
と書いていたので
耳から入った言葉のイメージが、その場に居たAさん(目からのイメージ)に投影されるのかもしれない。

この事を知ってから
あまりネガティブな言葉は口に出さないように気をつけている。

ネガティブな言葉や悪口を発すると
潜在意識がそれを拾って
自分自身の人生をそちらに向かわせようとするからだ。

 

タイトルにもした
「きもちわるい」という言葉。

言葉遣いが悪い人は今の時代本当にたくさんいると思う。

「きもい」
「うざい」
「しね」

会社で働いていると
こういう言葉を冗談交じりに話す人がたくさんいる。

 

私のような感受性が豊かな人間は
それだけでどっと疲れてしまうのだが
所詮は他人が発する言葉である。
無視するしか無い。

だが、先日私の大切な恋人であるTが
「きもちわるい」
と言ったのである。

私は少なからずショックを受けた。
そんな汚い言葉を、恋人であるTには言われたくなかったのである。

 

何を見て言ったかと言うと
某所に展示されていた

ダイオウグソクムシの裏側

である。

うん、これは確かに・・・。

きもいと言いたくなる気持ちは分かる。

ある意味正直な感想かもしれない。
絶対にググらないほうがいい。
それくらいグロ注意物件である。

 

でも、生き物なのだ。
個人的には生き物に
「きもちわるい」という言葉を使ってほしく無い。
だって生き物は生きているのに・・・可哀想ではないか。
という妙な正義感が私の中に湧いてくるw

 

今気づいた。
別に私は「気持ち悪い」という感情がいけないと言っているのでは無い。
言葉に出してほしくないのである。

ダイオウグソクムシの裏側は確かにヤヴァイ。
きもいっちゃあ、きもい。
でも、口に出して「きもちわるい」と言ってしまうのは品が無いというか。
なんか嫌なのだ。

 

私はTさんにはそんな言葉遣いをしてほしくは無い。
今度言ったら、やめてと言ってみようか・・・
でもそんな事忠告するのも変な気がする・・・。

 

「きもーい!」
「ほんとだー!きもいねー!!!」

キャッキャキャッキャとカップルが楽しそうに
ダイオウグソクムシの裏側を眺めている。

こういう楽しみ方ができない
私の心が狭いのかもしれない。。。

いっそ私もTと一緒になって
「わぁ〜〜〜〜〜きもちわるいね〜〜〜〜!!!」
と言えば良いのだろうか。

 

なーんか、嫌なんだよなあ。
そういうの。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - T, 人間心理, 日常