アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

自殺をしない国、フィリピンのお土産

      2017/06/19

自殺をしない国、フィリピンのお土産

 

母がフィリピンに行ってきたといって
土産をくれた。

チョコレートマンゴーと書いてある。
私は始め、マンゴー味のチョコレートの事かと思ったが
開けてびっくり
マンゴーにチョコがコーティングしてあった。

 

チョコはやや溶けにくかったが
このチョコがマンゴーの果物の自然な甘さとマッチして、
チョコなのに甘ったるい感じがなく
非常に爽やかな味である。

ストレートティーに合わせて食べたいと感じる。

濃いストレートティーの
ほのかな苦味と合うと思う。

 

母は、フィリピンの土産話も聞かせてくれた。
人はみな大らかで
勝手に人の家に入って何か食べてふらりと帰るのだそう。

大らかでいいわぁ・・・

なんて言うと思ったか!
どう考えても危ないではないか。

 

なんでも、フィリピンは
助け合うのが当たり前、人に援助をする(される)のは常識。
というお国柄だそうだ。
フィリピン人妻と結婚して、親戚まで養わされるってよく聞くもんな・・・。

 

そして驚いたのは
フィリピンは世界の中でも自殺率が非常に低い国
だという事だ。

 

107国中94位である。
ちなみに日本は17位。
2位は韓国である。
出典サイト

 

確かに
何かあれば他人に助けてもらえる
という考え方が根底にあると自殺しなくても済む気がする。
自殺の要因として大きいものの一つが「責任感」だと思うのだ。

 

例えば、リストラされた夫が、妻と子を残して自死する・・・
そんな痛ましい事件を聞く事があるが
家族を養うのは自分の責任だと、夫側が強く感じていたからでは無いだろうか。

 

先日あった
電通の女性社員の過労死事件にしたって
彼女の責任感が強かったゆえの事件だったように思えてならない。

 

フィリピン人が同じ境遇だとして
果たして自殺するだろうか?
私はしないと思う。

責任感の強い人は責任感の弱い人を
往往にして下に見る傾向があるが
実は、人が健康に生きていくためには
責任感なんてものは程々で良いのではないかなと
チョコレートマンゴーを食べながら思った。

 

▼チョコレートマンゴー
楽天で買えるみたいっす。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - グルメ・料理, 事件・犯罪, 人間心理, 家族