アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

SMに惹かれていた話 その①

      2017/06/20

SMに惹かれていた話 その①

 

死について考えていたら、色々と思い出して来ることがあった。

 

数年前、SMにはまった。
ハマったといっても、実際にSM行為をするのではなくて
そういった類いの事を書いているブログなどを興味深く読んでいた。

 

私が印象に残っているのは
「まゆみの小屋」というタイトルのWEBサイトで
Mの中でも相当ハードなM女の人だった。
(こちらのサイトは今でもあります)

 

その人はゴミ袋に入れられて捨てられたり
汚物やゴミを頭から被せられたりする事でしか
喜びを感じる事が出来ない人だった。

 

人として完全に壊れていた。

 

もう一人、Oさんという人のブログも読んでいた。
OさんもM女で、ご主人様と一緒に色んな場所へ旅行へ行ったり
普段の性生活などを赤裸々に綴っていた。

Oさんはご主人様と一緒に、ある会を開いていた。
ネットで人を募り、乱交パーティーや野外撮影をするというものだった。
Oさんの体にはいたるところに穴があいていて、ピアスをさしていた。
ピアスとピアスを南京錠でつなぎ、貞操帯にしていた。

 

今はもうOさんのブログはなくなってしまった。
ご主人様と別れたのかもしれないな、と私は思った。

 

M女の人は、S男性に比べて身体的なリスクが高い。
妊娠や性病のリスクに加え、体に傷が残ったり、排泄障害が残ったりする。

 

目に見て分かる形で、過去の男の痕跡が残ってしまうのだ。
これは、そのS男性と別れた後の事を考えると相当リスクが大きいと思う。

 

さて、少し脱線してしまったが
その頃の私はSMに妙に惹かれていた。

今思うと、それは一種の破壊願望のようなものが自分の中にあったからだと思う。
自分を壊してしまいたいが、自分では壊す事ができないので人に壊してもらうのだ。
壊れきったらやっと安心するような、本来の自分に戻れるような感覚があったのだと思う。

 

今はなぜか、そのような願望が一切無くなってしまった。
おそらく少しだけ、まともになったのだろう。

 

SMは精神性の高い性癖で
心の問題が消え去れば、性癖も一緒に消え去るのだと知った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - 人間心理, 人間関係, 日常, 水無月について