アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

汚い世界

      2017/06/20

汚い世界

 

それにつけてもストレス社会である。
どうなっておるのだ。

 

何が一番辛いって
やはり仕事である。

 

職場というのはストレスの種があまりにも多すぎて
最近では逆に「ストレスがあるのが通常モード」なので
もしかしたらストレスなんて一つも無いのかもしれないと思えてきた。

 

先日職場の子とごはんを食べにいったら
「世の中きらいなやつしかおらん」
と言っていて、激しく共感した。

 

私も世の中の人間の9.9割は嫌いかもしれないと思ったが
9.9割ってもはやほぼ全員なので
一周回ってもしかしたら誰の事も嫌いじゃないのかもしれないと思った。

 

さて、職場で何が嫌かというと「私語」である。

職場でも学校でも、私語が好きな人と苦手な人に分かれるなぁ、と思う。

私は私語をするのも聞くのも苦手で黙々と作業する、よく言えば職人タイプである。(が、協調性は無いのかもしれない)

だが、これは協調性がどうのなんていって
私語に参加していたらそもそも仕事が終わらないので
私は基本的に私語はしない。

 

最近新たに入ってきた男と、前から居る窓際族のおっさんが
これがもうめちゃくちゃ喋る。
もちろん仕事中に、である。

 

しかも声がでかい。

 

おっさんは、自分たちの会話を聞かせたいような感じすらする。
『どや、俺らの会話オモロいやろ〜〜〜w』
みたいな雰囲気が滲み出ている。

 

が、他のメンバーは
(うっせ。。。)
ってなっているので、その場には白けた空気が漂っている。

白けた空気が漂っているのに、おっさんと男はなおも喋り続ける。
職場に関係のない寿司の話などをしている。

さらに冷える空気。

そのあたりで、二人も気づいたのか一旦私語は止まった。

 

あのどうしようもない冷たく白けた空気って
一体なんなのだろう。

空気ってこええな、って思った。
自分があの空気にさらされる張本人なら、と考えたらぞっとしてしまった。

 

こういった事を、上司に相談したとしても
どうせ私語はやまない気がする。

 

男とおっさんは元々めちゃくちゃ喋るのが好きで
過剰なまでに自分をアピールしてくるという奇妙な癖を持っている。
(慎ましやかを美徳とする私からすれば
過剰な自己アピールはみっともないと感じてしまうが…)
また、二人とも空気が読めない。

 

まあそう言う訳で
職場の中の変人二人を会わせた事で「私語過剰」という化学変化を起こしてしまったのである。
二人を出会わせた事による化学変化はまだあって

「バレないようなさりげないサボり」
「定時でそっこー帰宅」
「社内チャットに無駄話の投稿」
などなど…

全体的にげんなりするものしかない。

 

なんていうか、世界って汚いよなって最近感じる。
世界は汚いし、人間も死んだ方がマシな人間ってたくさんいるよな。
まぁ、人間に関してはいい人もいるが
もうどうしようもないゴミみたいな人間も沢山いる。

 

結局どこに行ってもゴミみたいな人間は居る訳で
じゃあどこに行っても同じかもしれないと思ったりもする。
転職しても無駄かもしれない。
もし転職したとしても、どうせ嫌なやつはいるし、そういった場でも
どうにかしてやっていかねばならないのだから。

 

ゴミとうまくやり過ごせるようにならないといけないのかもしれない…。

 

本当に世の中はどうしようもないくらい汚い。
まぁ、汚いのが普通なのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - 人間関係, 会社, 愚痴, 日常, 水無月について , ,