アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

失ったもの

      2017/06/20

失ったもの

 

過去の日記を読み返していたら
びっくりした。

約3〜4年前の日記だ。

「これは本当に私か?」

と、思った。

 

3年で、人はこんなにも変わってしまうのかと思った。

 

昔の日記の自分は
なんだかふわふわしていた。文体が。
ベースはあまり変わっていないのだろうが…。
どこか夢の中に居るような…。
優しくて可愛さもあるような気がした。
少なくとも、今よりかは。

 

「水無月は変わった」
といわれた事が何度かあったし
自分でもそう感じた事があったが、
日記を読み返して「ここまで変わっていたとは」と驚いてしまった。

 

この3年で人が変わったようになってしまっていたのね、わたし。

でも3年前は
自殺しようと思って生きていたので
そう言う点では今の方が良くなっているといえる。

 

失ったのは何だろう?

 

感受性だろうか。
優しさだろうか。
可愛さだろうか。
夢だろうか。
憂鬱だろうか。
若さだろうか。

 

人は変わって行く。

大人よりも子供の方が残酷で正直だ。
大人になった方が良い。
少なくとも私はそう思う。

子供の頃に戻りたいという人がたまに居るが
私は子供の頃、早く大人になりたかった。

そして現に、大人になった今
「子供の頃に戻りたい」思った事は一度も無いから
やっぱり私は大人の方が合っているのだと思う。

 

それはそうと、私は過去の自分を恥ずかしいと思っていた。

純粋というのは世間知らずで
優しいというのは騙されやすくて
愛情というのは無くなるものだ。

そんな自分がかっこ悪くて嫌だったのだ。

 

もちろん今でも、純粋すぎてはいけないし
優しすぎても騙される、愛情だって永遠じゃないとは思う。
これは一つの真実だと思っている。

 

でも
純粋だときれいだし
優しさがあれば和むし
愛情があると人から愛される。

という事にも、今になって気づいている。

 

でももう今の私は
純粋でもなければ優しさもほどほど
愛情なんていずこやら…。
損得勘定や世間の常識で動いている昨今。

 

あの頃捨てたかったものを
今こんなふうに欲しくなっているとはおかしな話だ。

 

でも、すでにさっぱり私には
純粋さも
優しさも
自分の中の愛情も
手に入れる方法すら分からなくなってしまっている。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - 人間心理, 会社, 水無月について