アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

山田花子という漫画家~若くして亡くなった奇才~

      2017/06/19

山田花子という漫画家~若くして亡くなった奇才~

漫画家で山田花子という人がいる。

山田花子というと吉本の芸人さんのほうを思い浮かべる人が多いと思うが、
今回紹介するのは漫画家のほうである。

山田花子という漫画家とは
一体どんな人物だったのか、さらっと説明したい。

=========
山田花子は1967年に生まれ、
雑誌ガロなどで活躍した。
そして24歳の若さで
飛び降り自殺によってこの世を去った。
=========

高校生の時にはすでにデビューしており
雑誌にも多数掲載されていたため
24歳というと若さに関わらず
作品はたくさん残っているし、単行本も多数ある。

私が彼女の事を初めて知ったのは
一時期話題となった「完全自殺マニュアル」という本で
彼女の事が書かれていたからだ。

当時の私は
山田花子という人物に興味をそそられ
早速本を読んでみた。

当時、私は23歳くらいだった気がする。

その時の感想は
「とにかく暗くて、読んでいて気分の悪くなる漫画」という感じだった。

絵柄も汚い感じなので、あまり良い印象がなくて
何より家に置くと呪われそうなくらい負のオーラを感じたので
購入もしなかった。(立ち読みですませた)

あれから数年が経ち
偶然インターネットで彼女について書かれた掲示板を見つけた。
そこには、生きづらさを抱える人たちが沢山居て、皆山田花子の作品を愛しているのだった。

うつ病を抱えていた彼女の描く作品が、逆に綺麗事が無い感じで共感を呼ぶのだろう。

懐かしくなった私は、山田花子の漫画を再び読んでみる事にした。

長くなりそうなので続きます。


R

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, 人間関係 , , ,