アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

刑務所への差し入れ代行業 〜元女囚の挑戦〜

   

刑務所への差し入れ代行業 〜元女囚の挑戦〜

 

中野瑠美さんって知ってますか?

最近ちらほらTVで紹介されたりしてるんですが
刑務所や拘置所に差し入れを持っていく「差し入れ代行」会社をされているそうです。

先日私の好きな「ハートネットTV」の放送で知りました。
なんか、どっかで見た事ある人だな〜と思っていたら
ダウンタウンなうや
千原ジュニアさんの「ダラケ!お金を払ってでも見たいクイズ」などの
バラエティ番組に出演されていたからでした。

その時は、「元受刑者」「過去犯罪をおかした人」
みたいな感じで出演されてて
中野さんは覚せい剤で刑務所に入ってた人でした。

覚せい剤で12年間服役してたそうな。

TVを見た時の第一印象は「よく喋る明るい人」って感じでしたが。
現在43歳くらいなので、その中での12年間服役ってなかなかの期間だなと思いました。
もはや第二の家くらいな。

そんな中野さんですが
現在は更生されて、受刑者への「差し入れ代行」の会社を立ち上げて頑張っているのです。

なぜ「代行」を頼む人が居るのかというと

・周りの人に、身内に受刑者が居るとバレたくない
・何らかの理由があって会いたくない

などの理由だそうです。

中野さんは、依頼者と実際会って話して
どんな理由で差し入れ代行を頼むのか、など聞いてから、仕事を引き受けるか決めるそうです。

どんな差し入れが喜ばれるか?という質問に対して

「黄色い封筒がいい。黄色は幸せの黄色やから。
 黄色い封筒に切って貼るとかわいいから。
 刑務所は色が無いから、赤や青のタオルなんかもいい。
 色があるとテンション上がるから。」

みたいな事をおっしゃっていて
色って大事なんだなーと感じましたね。

自分の過去(覚せい剤、育児放棄、身内が刑務所に居るなどなど)も紹介されてたんですが
ここまでさらけ出して生きるって、相当強い事だと思いました。

でも、かざらないで生きる人のまわりって
人が集まるよねと最近思う。
この差し入れ代行業も、元受刑者の中野さんだからこそ出来る仕事だと思う。
(犯罪を美化するわけじゃないですよ。)

私ももっと弱い部分を人に見せていけたら良いなと思った。

とにかくこのハートネットTVの回は
すごくオススメなので、多くの人に見て欲しいです。
…が、探しても動画がなかった…。

類似動画ならyoutubeにありました〜。

中野瑠美さんのブログ http://ameblo.jp/rumi471209/

☆中野さんのサイトはこちら☆
■ハートカンパニー
差し入れ代行・手紙代筆
http://www.heart-company.net/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめブログ, 人間関係