アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

あやまちをおかしても

      2017/11/12

あやまちをおかしても

 

ある男性と話していたら
その人は

若くして出産して
十代半ばで子供が二人もいて
学校を中退していて
髪の毛を明るく染めているような女の子のことが
すごく嫌いなんだありえない

みたいな事を言っていた。

でも、私は女なので
十代半ばで、子供を産もうと決めたその女の子は
悪い子ではないんじゃないかと思った。

自分の将来や世間体のことを考えて
子供を堕ろす選択をする人もいるのだから。

結構情に厚いタイプの女性だと思うが。

男性はそのへんの事情は
あまり汲もうとしないものか
それとも、この男性がそのようなタイプだったのか
それは知らない。

でも、他者を否定出来るだけの何が
自分にあるのかとも思う。
(これはこの男性に限った話ではありません)

月並みな言葉だけど
人それぞれの事情があるものね。

正しいも間違いも
この世には存在しないと思う。

どう感じるかというだけ。

結局他者を否定するということは
コンプレックスの裏返しなのよ。

だから
人前で誰かや何かを否定するというのは
自分のコンプレックスを
人にさらけ出しているのと同じなのよ。

そんなの
恥ずかしいじゃないですか。

みんな頑張ってるんすよ。
みんな一生懸命ね。

中島みゆきですごい良い歌あるよねー。

「私たちは春の中で」

この春とは多分青春の意だと思うのですが
歌詞がいいのよ。

あぁ~春は~あやまちの源~♪
私たちは春のために
失ったものに怯えている~♪

世界平和でも祈りながら寝るわ~^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめ音楽, 過去の日記