アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

私は心が綺麗な人が好きだ

      2017/11/14

私は心が綺麗な人が好きだ

 

「軍鶏」

という漫画の話をした。

勧められて読んだは良いけど、
私は軍鶏という漫画が好きになれなかったし、面白いとも感じられなかった。

自分本位な主人公の生き方で、周りの人が傷つけられていく
というふうにしか読み取れなかったから。

例えば暴行を受ける風俗嬢や、レイプされる女優や、将来を潰された選手なんかが
本当にかわいそうだと思ったから。

勧めてくれたのは男性で、先日話をしたのはまた違う男性なんだけど
二人共すごく絶賛していた。

理由を尋ねると
『単純に強くてかっこいいと思うから』
と言われた。

単純に強くてかっこいい。

何かを好きになる理由は
もしかしたら、すべてそういう理由なのかもしれない。

昔、魚喃キリコさんの「南瓜とマヨネーズ」
という漫画を読んだ。

彼氏の居る女が、どうしようもないダメ男の元彼を忘れられずに、
偶然の再会をきっかけに浮気を続けていく。
結局今の彼氏との関係もだめになり、元彼には自分から別れを告げる。

という話で
私はこの話が好きで、なんでなんだろうと考えてみると
どう考えてもダメな男なのに好きにならずにいられなかった
そういう女のダメな部分というのに共感できたからだと思う。

ただ、勧めた男友達は、かなりの拒否反応を示していた。
男の人からしたら、嫌だろうなー確かに。
私が軍鶏を受け入れられないのと同じかもしれないね。
大まかに分けると
この漫画では被害者は男だし、軍鶏では被害者は女や弱者だ。

「おい!小池」
の小池容疑者が病死で所在が発覚したと新聞に載っていたけど
この人は女の人と暮らしていたという。

犯罪者、さらに殺人者というと、かなり悪い人間なのは確実だと思うけど
犯罪者をかくまうのはだいたい女だと感じる。
オウムの平田容疑者しかり。。。

遺族からしたら、
こっちの家族殺しといて、のうのうと女と暮らしてんじゃねーや
と感じるだろうなぁ、と、だいたいそういう気持ちで記事を読んでしまう。

社会的に良いとされる人と
異性を惹きつける能力というのは
まったく違うものなんだな、と改めて感じさせられた。

女もそうかもしれない。

真面目で悪いことしたことがなくて純粋で逆らわない女が一番いいかというと
もちろんそれは違うわけで。

この考え方を突き詰めていくと

自分の好きなように生きるのが一番いいんじゃないかな
というところにたどり着く。

決められた正解はないということなんだろう。

自分がどうしたいか。
どういう自分になりたいのか。

こういう話はなんども議論されてきたことだし
何よりありきたりで、退屈なのでやめよう。
そもそもそんなに暇ではないし。

久しぶりに
村上龍の、限りなく透明に近いブルーを読んだ。

一文字一文字、情景を想像しながら丁寧に読もうと決めていたので
3日くらいかけて読んだ。

龍はツイッターしてるらしいんだけど
私は龍の思想は嫌いなのでフォローしない。

でも、この限りなく~は、なんなんだろうね…
読んでてすごい気持ちよくなる感じは。
読み終わるのがさみしいもん。

矛盾しているのか。。。別にそうでもないのか。。。

誰かに対して
好きな部分と嫌いな部分があるのが普通なのかもしれないね。

何かにたいして
結論なんて出さない方がいいのかもしれないね。

ただそうあるものだと思えれば幸せになれるかもしれないね。

結構性格の歪んだのも友達に居るし
心が本当に綺麗な友達もいる。

心が綺麗っていうのは、
具体的にはどういったらいいんだろうね。

達観してるよね。よく笑うしね。

自分の中で自分を楽しませる方法を知ってるというかね。
優しくて暖かい感じがする。
感覚だけどね。

戻るならばそういうところが良いって
きっとみんな思うだろうね。

汚い場所にも行くけど
帰ってくる家はきれいで暖かいっていうのが
一番楽しいかもしれないね。

心が本当にきれいだと思う人と一緒に居ると
こっちまで優しい気持ちになって
ついのど飴あげちゃったりするね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD) [ 魚喃キリコ ]
価格:993円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, 人間心理, 過去の日記