アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

休日の過ごし方

      2017/11/18

休日の過ごし方

 

今日は図書館に行った。

コロンバインハイスクールダイアリー

という本を借りました。
コロンバイン高校といったら、覚えてる人も多いと思うけど
生徒による銃乱射事件という、悲惨な事件のあった高校です。

少しずつ読んでます。

事件の背景には
ハイスクールにおける、ヒエラルキーがあります。
ヒエラルキーとは、階層のことです。
学校という場に置いて、同じ年齢の人間が集うにも関わらず
そこにははっきりとした階層、差別が生み出されます。
アメリカでは、これが日本よりも顕著らしいです。

私は、こういった感覚は、小学生の時から持っていて
学校が嫌いになりました。嫌いというか、気を使う場所でした。

取り残されないようにする努力や
誰かに取り入ろうとする努力
嫌いじゃない人物の悪口に同調する努力
それを悟られない努力

結局、私はこういうものが嫌になって、途中で戦線離脱したと思います。

そんなわけで、私は同じ立場の人間が集うと
ろくなことにはならず、退屈極まりないと思っていたので
心が敏感な子は、学校は行く必要がないと思っていたりもします。
有名な詩人の、谷川俊太郎さんも登校拒否児だったと知って、そう思ったのです。

あと、石丸元章のSPEEDという、ドラッグについて書かれた本を、昨夜久々に読み返しました。

作者が、様々なドラッグを試して行った体験記なのですが
よぉやるわ、って感じでした。感想は。

でも、私のような平凡で保守的な人間が
ちょっと覗き見てみたいという世界を、なかなか赤裸々に書いてくれてたかなとは思います。
でも、私はこの作者は大嫌いだと思いました。
人間のクズだと思いましたし、きちがいっておるんやなぁと思いました。

今日図書館で乗ったエレベーターで、男の人に声をかけられました。
ものすごく太ってて、黒い顔をした日本人の男性でした。
ニコニコしていて、やたら多弁で、私の服装を褒めてくれて、肩を触られました。
私の降りる階のひとつ前で、去っていきました。

私は褒められたことは嬉しかったのですが
個室だったので、身の危険を感じなくもなかったので、帰りは万一会わないように階段を使いました。
なぜ肩を触ってきたんだろうと思いました。

初対面の、会って1分くらいの人の肩を
少し会話を交わしたくらいで普通は触らない。距離感の測れない人なのかもしれない。
対格差が三倍くらいあったので、戦うと一秒で負けると思いました。

春だなぁと思いました。

帰りの階段からみえる窓から、外の様子が見れました。

若者が、親しげにおじいさんと話しているのです。微笑ましい光景です。
道でも教えてあげたのかなぁ?と思ってしばらく見ていたら
若者は、なかなかおじいさんと離れる気配がありません。ずっとずっとずっとずっと
話し続けているのです。ニコニコ笑いながら。

おじいさんも、少し困惑しているように見えましたが、詳しいことは分かりません
もしかして本当に善良な人間かもしれないのに、私は奇妙に感じてしまいました。

ある私の友人は以前、雨が降っていたときに傘を忘れて困っていたそうです。
そしたら、サラリーマンが現れて、「これどうぞ使ってください」と、傘を差し出してくれたそうです。
その話を聞いた私が、「優しい人が居て良かったね」と言うと、「え、なんか気持ち悪かったぁ」
と返事が><(でも傘はもらってたようなw)

その時は「親切にしてくれた人に対して、ひどいやっちゃな」と思いましたが
今日なんとなくそれも分かる気がしました。

本当にただの優しい人を、恐いとか、きもいとか、感じるようにさせる世の中って
なんか寂しいですよねぇ…><

でも、見知らぬ男性っていうのは、やっぱり多少恐いですよね。
傘にGPSとか組み込まれてたら嫌やしね。て、考えすぎかもやけどね。

距離感の測り方というと、こないだ友人達とバーとカフェが一緒になってるお店に行って
食後飲んでたときに、隣に男性が座りました。

男性が話しかけてきたので、女3男1で、音楽の話などをしていました。
女友達Aと男性は、以前この店のクラブイベントで会ったことがある関係でした。
そうこうしているうちに、私の終電が近づいたので、先にお会計をしようという話になりました。
その時、女友達Aが、伝票を隣の男性に渡して「ごちそうさまでーすw」と言いました。

男性は払うふりをしておどけてくれたのですが、こういうのって、ありなのかな?と私は思いました。

逆の立場で考えた時、私は、冗談でも男の人に「養って~w」と言われると、若干凹むので
金銭的な冗談は、他人にはしないようにしてるのですが
こういうのは、男性はどう思ってるんですか?純粋に気になります。

さらっと言えるコは、甘え上手な女の子という感じがしなくもないんですが。
厚かましいと思ったりする人もいるのでは・・・。

そんな感じの休日でした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, お金, 人間心理, 人間関係, 日常, 水無月について