アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

自己暗示と残念なのうみそ!!!

      2017/11/20

自己暗示と残念なのうみそ!!!

 

とにかくちゃんと頑張ります。
ほんま、それしかないと思う。

さっき担当さんと電話した。
担当さんと電話するのはすごく緊張する。
今回はネームが結局描けなかった末の電話なので余計に。
でも、緊張と同時にやる気も貰った。
担当さんと話すといつもやる気が出る。
なんでだろう。

ここから先は、本当に精神力の勝負になってくる
というのが、なんとなく分かる。

今までずっと心の支えにしていたものが無くなってしまった。
何を信じて生きていけばいいのか分かんない…。
目に見えないものを信じ続けるのは、宗教みたい。
どうすればいいかな。
意外と冷静。

手塚治虫の「火の鳥」で、
毎日毎日、カプセルが開くのを待ち続けている男が登場する。
もう人類は自分しかいない。不死の命を得た男は、寂しい。
このカプセルに、誰が入っているのだろう、
誰が目覚めてくれるのだろう…。
男はその気持ちだけで、明日がくるのが待ち遠しいと思う。

カプセルは開いて、中から出てきたのはミイラ?だったかな。うろ覚えなんですけど。とにかく中に入っていたのは生き物じゃなかった。
男は深い絶望に覆われ、嘆き悲しむ。
「これから、何を楽しみに生きていけばいいんだろう」

 

これは、目に見えないものでも、考えようによっては救いになる
という、とても希望のあるお話なんです。

 

保証の無い希望に縋るのは、とてもたいへん。
いつかきっと…、そんなもんは、か細い、くもの糸のようなもの。
ただ、それがないと多分生きていけなくなる。
これは、目に見えて成長が分かる、漫画の話じゃないですよ。
努力ではどうにもならない、っていう部分の話ね。

最近いろんなことに飽きてきました。

うだうだ、してることや、グチグチ、してることに、
飽きた。
んなことしてる暇あるなら、何かしようと思うようになった。
男の人のこと考えるのも飽きた。
からだがだるいとか感じるのも飽きた。
人の目ばかり気にしてる自分にも飽きたし、
そんな人は正直言って魅力がないと、今なら非情に突き放せる。

中二病見事克服。眼光鋭く生気みなぎる。
明るい未来が待っている。待っている。
明るい未来しか見えない。
輝かしい明日はすぐそこ!!!!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火の鳥 1【電子書籍】[ 手塚治虫 ]
価格:324円 (2017/11/20時点)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, 漫画, 過去の日記