アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

読書

      2017/11/20

読書

 

どうも~^^
最近ゆっくり日記書く時間がなかなか無くてつらい><

昨日はようやっと、うちのくうちゃんが帰って来ましたっv
こうだくみじゃないですよ!
おにゅうのお靴ですよ!

う~ん、かわいいですね~^^
今日はくうちゃんで会社に行くぜ~。

最近…漫画にはまってます!
今更かよ!と思われそうですが(笑)
実は今までろくに漫画を読んで来なかったんですよね。
で、最近になってむちゃくちゃ買ったり、借りたりして読んでるの。
漫画おもしれ~。

~最近読んだお勧めマンガ~

『羣青』中村珍
『一色まこと短編集ーガキの頃からー』一色まこと
『パノラマ島奇譚』丸尾末広・江戸川乱歩
『芋虫』丸尾末広・江戸川乱歩
『やさしいからだ』安永知澄
『花より男子』神尾葉子
『おのぼり物語』カラスヤサトシ
『漫画で読破シリーズ 罪と罰』ドフトエフスキー

この辺りはおすすめですねえ。
罪と罰はちょい微妙やけど。

花より男子では断然道明寺派です^^^^^^
道明寺アホカワイイ。花より男子はノリが明るくて
安心して読めますね。まさに大衆娯楽という感じの
メジャー性がすごいあって、そのへん凄いと思いました。
私は道明寺派ですから!

あと羣青は作者のブログを読んで興味もって買ったんですよ。
(出版社と揉めて移籍)
連載当時22歳って、やばいわ。すごい才能あるな~。
単行本に、「執筆中よく聞いてた曲リスト」が載ってて
やたらと中島みゆきが多くて噴いた(笑)
分かる分かる。

一色さんの短編集は神過ぎて、もう一冊買って友達にもあげた。
この人の描く話は母性に溢れてるって、以前男の人が言ってたんだけど
納得した。

パノラマ島は手塚治虫文化賞かなんかの受賞作。
個人的には芋虫の方が好きですが!
芋虫は、しょっぱな冒頭部分から、丸尾末広の世界に急激に誘われて、どうしようかと思った。
頭ぐらぐらしたね~。
芋虫は、戦争で四肢、聴覚、言語を失った夫の世話をする女の話なんだけど、
ラストは泣ける。えろぐろですけどね…。それだけじゃないからね。
丸尾作品は学生時代好きで読んでたけど、あまりの不条理グロテスクな世界に嫌気がさして、
読むの辞めて、本も売り払ったんですが、(つまり絵はいいけどストーリーが良くない)

この2作は、乱歩の原作付きなのでほんまに面白いんですよね~。
絵とストーリーがマッチしてて、アマゾンでも絶賛の嵐でした。
それにしても、乱歩って名前良いよね。乱れる足。
私もPNしたくなったわ。江戸川乱手とかで…。あかんかな^^^
とにかく芋虫は凄いから読んで欲しい。そんで語ろ!!誰か!!

やさしいからだは、いろいろ反面教師的な部分も強くて…。
ストーリーの薄っぺらさとか、絵の薄っぺらさとか、感性のもの凄さとか。
不思議な漫画なんですよね。
作者の、被害者意識の強そうな、弱そうな、敏感そうな、それでいてたくましいような、
そういう視点が、すごい…。

で、言いたい事にもの凄く共感してる私が居ます。
ただ、絵がちょっと無個性過ぎて、それはもったいないと思います。
衝動や熱意は感じるんだけど…。色気がないかな~。

おのぼり物語は、以前も一度読んだ事があって、それで面白かったから購入。
絵がすごいもさもさしてる。
で、それがまた悲壮感というか、明るい悲壮感みたいなものがあって、これまた泣ける。
作者の上京エッセイみたいな本で、
上京した友達にあげようと思って2冊買ったけど、まだ送れてない。
作者の淡い恋愛っぽいエピソードで、好きな人?と一緒にコンビニに行って
会計千円超えるかどうか掛けて、自分が勝ったから、好きな人は「今度ジュースでもおごったるわ~」
と笑ってくれて、それが上京してから一番楽しかった思い出かもしれない。
というシーンが凄く好きです。

罪と罰は絵がなかなかいいですけど、やっぱり小説をなぞらえて描きましたって感じがちょっと…。
あと、表紙に漫画家の名前が書いてない。書いてくれ~。
平均点って感じかなあ。
同じ原作付きでも、丸尾はあそこまでやってくれた訳だから、どうしても薄っぺらく見えてしまうわ。
丸尾さんと比べたら、全部かすみそうですが…。

そんな感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羣青(上) (IKKI COMIX) [ 中村珍 ]
価格:905円(税込、送料無料) (2017/11/20時点)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - おすすめの本, おすすめ作品, 過去の日記