アラサーOL 水無月の日記

手取り17万。みなづきです。日々思う事など。

*

伊丹観光

      2017/11/12

伊丹観光

土曜日は伊丹に遊びに行ってきました^^

最初は友人と演劇の舞台を観に行きました。
正直期待してなかったんですが、超×100面白かった!!!
「スイス銀行」という劇団です。

ストーリーとしては、
ある会社に、「パートで働く白井さんの中学校の同級生」と自称する女性がやってくる。
なぜやってきたかというと、中学時代に白井さんをいじめていたことを謝りたいという。
けれど、白井さんは、「今更謝られても許せない」と突っぱねる。
同僚の男と女(二人は夫婦)は、こんなに謝ってるんだから許してやれと言うのだが、
白井さんは夫婦のそんな態度に腹を立て、実は女の方は社長と浮気していることをバラす。
それに腹を立てた女は、さっきまで「許してやれ」と言ってたのに
「白井さんをいじめる気持ちわかる!」といい始め、
男は「一度ひどいことをされたら、あとから謝られても許せないよね」と、意見を変えていく。
どうしても白井さんに許して欲しいと食い下がる元いじめっこ女性と、決して許さないという態度を
崩さない白井さん。二人はどうなっていくのか。夫婦はどうしたらいいのか分からなくなって、白井さんに
「なんで(浮気のことを)ばらしたのか。それさえ知らなかったらこれまでどおり幸せに過ごせたのに」
と言うが、知らないまま過ごしていくのは果たして本当の幸せなのだろうか?

ざっくり行くとこんな感じです。
人は、自分がその状況に立ってみないと何も分からない、というのが全体のテーマだと思いますが、
その他にも「ヤンキーが横断歩道でおばあさんの手を引いてるのを見て『あの子悪ぶってるだけで本当はいい子なのよ~って、それ違いますから!』」など、名言多しです。

でも、一番感動したのは、この一見重苦しいストーリーを、笑いをふんだんに含んで見せてくれた、というところです。
かなり感動した。
面白いから、重いテーマでも観れちゃうし、気が滅入らないんですよね。
それって自分の漫画に決定的に欠けてる部分で、今まさに模索しているのが「いかに読ませるか」という部分なので、これだ!と思いました。笑い、大切ですよね。
友達が「スイス銀行」の前回の公園のDVDを買ってたので貸してもらいました。今から観ます。楽しみ!舞台のあとは、のぐっちゃんのジュエリーが展示されているという「伊丹国際クラフト展」へ。

写真2枚目にも載せてます。Nちゃんの作品は種をモチーフに作ったジュエリー。

作品名は「消える種」です。
「消える種」は445名中、90名しか選ばれない入選作品の一つです。
指輪、ブローチ、イヤーカーフに細い金属がついていて、その金属の先端に種がついていて、
付けているとまるで、種が浮いているように見えるという、ユニークなアイデアの作品です。
しかもこの種は、実は素材は消しゴムなんです。面白いよね~。
「伊丹国際クラフト展」は、奇抜なアイデアの多いコンテストで
なかにはUSBで作ったネックレスや、大賞作品なんかは、素材は草花であったりと、
こんなものでもジュエリーになるんだ!という楽しさがありました。
ほかにも、一見平面なのに、知恵の輪みたいに自分で組み立てて立体にできるリング「立体」や、
ピンクっぽい色の金属に、傷痕のような模様が入っているネックレス「自慢のキズ」など、
アイデアの詰まった作品が多かったです。
私がいいと思ったのは、リング。
ひと目見たときに、すごく美しいと思ったし、
どっしりとした存在感を感じました。タイトルを見てみると、「存在」とのこと。
創作者の意図がしっかりと伝わってきたのはさすが!と思いました。ジュエリー展は面白かったけど「普段使いできねええええええええええええ」という作品が9.8割くらいでした。笑

でも見る分にはありです。笑。面白かった♪
一緒に行った友達は「よく分からないけどとりあえず高かったね」と言っていた笑。(展示販売もしてる)
大体リングでも4~5万くらいする。10万円くらいするのもあった。
普段使いは、やっぱりシンプルなものがええなあ♪ほんまは、伊丹スカイパーク(飛行機が飛ぶのを間近で見れる)にも行きたかったけど、
時間がなくて行けなかった><
いつか絶対に行くぞ…。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

 - 過去の日記